根管治療の成功率

どんな治療にも当てはまる事ですが、成功率を100パーセントにすることは難しいものです。根管治療に関しては 、100点満点の治療をしても必ず治るとは限らず、そういう意味では歯科治療の分野でも難しい治療と言えます。

 抜髄で90%程度、感染根管治療で80%前後、再根管治療で60%程度

術前の根尖病巣の有無、感染の進行程度で予後が変わると報告されています。

Sjogren U, Hagglund B, Sundqvist G, Wing K.: Factors affecting the long-term results of endodontic treatment. J Endod. 1990 Oct;16(10):498-504.

Related Articles
* Periapical status, quality of root canal fillings and estimated endodontic treatment needs in an urban German population. [Endod Dent Traumatol. 1997]
* [Long term evaluation of results of endodontic treatments of dental pulp necrosis (74 cases obturated by the monoconal technique] [Dakar Med. 1998]
* Success rate of endodontic treatment of teeth with vital and nonvital pulps. A meta-analysis. [Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2004]
* Longitudinal study of periapical and endodontic status in a Danish population. [Int Endod J. 2006]
* Assessment of the periapical and clinical status of crowned teeth over 25 years. [J Dent. 1997]

・しかし・・・・

上記のデータは海外の大学病院など、比較的レベルの高い治療をしていると想像される機関のデータであり、さまざまな制約のある日本の保険診療では成功率はさらに下がると予想されます。

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする