意図的再植

意図的再植術を応用する歯根端切除術

意図的再植術とは一端歯を抜いた後に元の位置に戻す方法です。

外科的歯内療法においては、歯を抜いた際に外科的に歯の根の先端を切除します。この術式は歯根端切除術が困難な部位(側方の穿孔、第二大臼歯など)、あるいは歯根端切除術のリスクが高い場合(オトガイ孔、上顎洞に近いなど)に行なわれます。 歯が抜きやすい状態であることが条件となります。抜歯により歯根膜に傷害が起こると、アンキローシスという状態になり、歯根が吸収される可能性があります。

inte

再植(抜いて⇒戻す)のステップ

A.歯を抜きます。

B.根の先端を3mmほど切り、同時に炎症組織を除去します。逆根管充填を行ないます。

C.元の抜歯窩に戻します。

関連するご相談

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする