Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/knico2/www/endo/soudan/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/knico2/www/endo/soudan/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/knico2/www/endo/soudan/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/knico2/www/endo/soudan/wp-includes/post-template.php on line 284

根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

270.神経がぬけているのに なぜ歯がしみるのがとても心配です。

【Question 270】

3年程前だったかな?下の右奥から2番目の歯の神経を取りました。
その後 半年ほど神経を抜いたにもかかわらず痛みがありました。
先生に相談すると、ちゃんと神経は全部抜けていから様子を見てくださいとの事で 無事に少しずつ痛みがなくなっていきました。
しかし 3ヶ月ほど前からまた違和感が…今度は痛みじゃなくて 熱いものや 冷たいものを飲んだり、うがいをする時になどしみるようになりました。なので以前診てもらっていた歯医者さんとは違うのですが、近所に新しい歯医者さんが出来たので そちらで診てもらったところ レントゲンで見ても神経はちゃんとぬけているし異常はないとの事で帰ってきました。
異常はないと言っても 神経がぬけているのに なぜ歯がしみるのがとても心配です。様子を見ていて大丈夫なのでしょうか?

【Answer 270】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。
まず、下の右奥から2番目がしみているのかどうかを検討する必要があります。周囲の歯がしみているのかもしれません。
その歯がしみている場合は神経が残っている可能性があります。
通常のレントゲンだけでは判断しきれないので、もう一度根管治療を行う必要があります。
CTを撮影すると神経が残っていること(治療されていない根管)が判明する場合もあります。

 

 

 

No Comments :(