歯の神経の重要性

 歯髄(しずい)の重要性 (歯の神経の重要性)

pulp1jpg

・歯髄の役割

1.象牙質への栄養供給
歯髄中の血管を通じて歯を作る象牙芽細胞に栄養を供給している。

2.歯の知覚
歯髄に伝わった刺激は種類に関わらず痛みとなる。痛みにより、虫歯に気づく事ができます。

3.刺激に対する防御反応
第二象牙質を作ることにより歯の厚みを増し、虫歯に抵抗し、痛みを防ぎます。

・歯髄を取るとどうなるか

1.歯髄を取ると、象牙質の弾力性がなくなり、また歯が薄くなるため折れやすくなる。
2.痛みがないため虫歯の発見が遅れる。
3.歯が変色する
4.歯髄を取る方法は必ず成功するとは限らない→ 抜髄治療の成功率は?
5.歯髄の防御反応がなくなる。

・歯髄を徹底的に保存する治療について

虫歯が深く歯髄に近い、あるいは虫歯治療をした後に痛みが残っている、
そんな時でも歯髄を残せるかもしれません。3MIXはむし歯を削らずに抗生物質で虫歯菌を殺菌する方法です。また、MTAセメントは、虫歯治療の際に歯髄を被覆し、歯髄を保護する世界的に評価されているセメントです。詳しくは↓専用サイトをご覧ください。
3mixbana2

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする