根管充填の評価

根管充填をレントゲンで評価

根管充填の評価はレントゲン写真で行ないます。一般的に、根管充填直後の確認のレントゲンでは レントゲン上で見える根の先端から-1mm程度まで、緊密に充填されている状態が良いでしょう。(レントゲンが適切な撮影条件で撮影されていないと評価が難しいです) filling

過剰根管充填

根管充填が長すぎて根尖を抜き出してしまうと、術後疼痛が続いたり、持続的な炎症を誘発し正常な治癒を妨げる。再び根尖病変になる恐れがある。 over

不足根管充填

根管充填の長さが足りないと、根の先端に空隙ができてしまい、細菌が増殖するスペースを与えてしまう。再び根尖病変になる恐れがある。 under
根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする