歯髄保存治療

・根管治療をせずに歯髄保存治療ができれば最良

「歯髄は最良の根管充填材」という格言がある。根管治療の成功率はどんなに良く治療しても100パーセントであることはありえず、症状が治まって治ったか に見えた歯の症状が再発したり、一度治った歯においても、再感染が起こることにより症状は再発する可能性は否めない。また、失活歯は歯根破折の可能性が高 まる。従って、歯髄を保存することが重要である。

治療の優先順位

歯髄保存治療>>>抜髄>感染根管治療>外科的歯内療法

前述のように可能な限り歯髄保存治療は優先されるべきであり、歯髄保存治療が不可能な時は抜髄治療となるが、抜髄治療の時点で歯内療法専門医が治療を行なうのが理想的である。抜髄の時点で不適折な治療を受けると、根管の方向が変わってしまったりすることにより、歯内療法専門医でも理想的な治療が難しくなるからである。

・歯髄を徹底的に保存する治療について

虫歯が深く歯髄に近い、あるいは虫歯治療をした後に痛みが残っている、
そんな時でも歯髄を残せる場合がある。抜髄は後戻りのできない治療であるため、歯髄保存の可能性をよく検討する事が望まれる。
3mixbana2

関連するご相談by根管治療専門医相談室

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする