根管治療、歯内療法の総合サイト

根管治療.comでは根管治療に関する専門的な情報お伝えしています。また、当サイトでは根管治療専門医により無料メール相談をお受けしております。

  根管治療.comでは根管治療に関する御相談(無料)をお受けしております。
メールで相談

Yahoo! JAPAN

  • 根管治療.com内を検索

    目次
    1. 根管治療基礎知識について
    2. 根管治療の方法について
    3. 根管治療の難しさについて
    4. 成功率を高める方法について

1.根管治療基礎知識

歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言いますが、歯髄が炎症や細菌感染したり、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合に、根管治療が行われます。

根管治療とは
根管治療は抜髄と感染根管治療に大別されます。
歯の神経の重要性
歯の神経を取ると歯は折れやすくなります。

根管治療の重要性
根管治療の目的は「歯を無害な状態で保存すること」である。
根尖性歯周炎の原因
細菌性または医原性に起こります。

根尖性歯周炎の進行
イラストで解説
お痛みについて
起こりうるお痛みについて解説

診断について
自己診断してみよう
治療の成功率
歯の状態、ドクターの技術、施術方法に影響される

根管充填の評価
レントゲンでの評価
根管充填後の治癒
治癒のメカニズム


2.根管治療の方法

根管治療の方法は主に、通常の方法と外科治療に分かれます。通常の方法は具体的に言うと非外科的歯内療法、すなわち根管治療です。外科治療は外科的歯内療法と言って、歯根端切除術意図的再植術を行います。根管治療を行った後、治らない歯に対して外科治療が行われる事が一般的です。

根管治療において比較的リスクが高い作業が、土台を除去する作業です。専門的な言い方ではポストコアの除去と言います。この作業中に穿孔と言って歯に穴が開いてしまったり、歯が欠けてしまう事が良く起こります。

治療中の器具の折れ込みや穿孔などが起こってしまった歯には、修復を試みます。

治療をするかどうか?
治療によるメリット>デメリット
通常の方法
一般的な治療方法について

外科治療
外科的な診断、歯根端切除術
意図的再植
外科治療のの方法の一つ

折れ込んだ器具の除去
顕微鏡下で取り除くのが効果的
穿孔部の修復
MTAセメントは成績が良いとされる

ポストコアの除去
リスクを伴う
根管充填後の治癒
治癒のメカニズム


3.根管治療の難しさ

根管治療は難しい治療であるとよく言われます。それは、根管の形が非常に複雑であり、またその複雑な形が原因で根管治療に限界があることが主因です。目で見る事ができない、細菌を除去できたか確認するのはそもそも困難です。時にはバイオフィルムという細菌の塊が、歯根の外側に存在し、治癒を妨げる事もあります。

根管治療を行った歯は、構造的に弱くなり、亀裂が走ったり、折れたりする事があります。歯根の破折は、抜歯に至る事が多く、根管治療を難しくしたり、予後を不良にする原因となります。

根管治療を困難にする要因として、治りにくい痛みが挙げられます。精度の高い根管治療を行った歯でも、痛みが続く事もあり、患者様の苦痛の原因となります。

社会的要因としては、保険診療における根管治療の低評価があげられます。そのため、日本における根管治療は十分に治療されていない歯が沢山存在します。

複雑な根管の形
根管の形は人それぞれで複雑である
治療のリスク
器具の破折、穿孔・・・

根管治療の限界
治療ができるのは主根管に限られる
歯根破折
失活歯の最大の脅威

やっかいな慢性痛
慢性痛は複数の要因により成り立つ
日本の保険診療
保険診療と自費診療

バイオフィルム
根管内の細菌とバイオフィルム
根管治療とインプラント
どちらがいいのでしょうか?


4.成功率を高める方法

根管治療は歯科医が主体となって行われる治療であるため、高度な知識、豊富な経験を持つ、ドクターの技術は非常に重要です。近年の根管治療の発展に寄与した設備としては、歯科用CT顕微鏡が挙げられます。現在は歯科用CTの出現により、3次元的な診断が可能です。そして、手術用顕微鏡の使用により根管の状態を把握したり、目で確認しながら正確に治療する事が可能となりました。NiTiファイルは湾曲根管の形成を容易にします。

根管の細菌を取り除かなればならないため、滅菌された器具、細菌の侵入を妨げるラバーダムの使用は基本です。ラバーダムを使用しないと根管の十分な洗浄はできません。

そして、根管治療が終わった後の修復処置も重要です。

ドクターの技術
最も重要です。
滅菌された器具
根管治療は細菌との戦いです。

ラバーダム
ラバーダムは基本です。
NiTiファイル
滑らかな根管形成を可能にします

顕微鏡の使用
根管治療は「見えない」こと
が弱点でした。
微小漏洩を防ぐ
緊密な根管充填後の補綴も重要

CT
CTから分かること
歯髄保存治療
本当の理想は歯髄を残すこと

効果的な根管洗浄
化学的洗浄について
理想の治療
私の考える理想の根管治療

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする