根管充填後の治癒

治癒の確認

レントゲンで治ったかどうかは半年以上確認できない。予後は1年ごとに確認するのが望ましい
jyutugojyutuzen2nen

(1)レントゲン的に良好(術後1年程度で撮影)

1.正常から1m以内の歯根膜腔の拡大
2.透過像の消失
3.正常な歯槽硬線
4.歯根吸収が認められない

(2)レントゲンで疑問(術後1年程度で撮影)

1.2mm以内の歯根膜腔の拡大
2.術前と同程度の透過度、あるいは微かに改善されている
3.異常な歯槽硬線の肥厚
4.歯根吸収の進行の兆候る。

(3) レントゲンで許容できない(術後1年程度で撮影)

1.2mm以上の歯根膜腔の拡大
2.根尖部透過度の増大
3.歯槽硬線の回復の欠如
4.歯根吸収が確認できる

(4)現実には・・・・・

レントゲンで透過像を定量的に判断することは難しく、また、レントゲンで治癒と確認後も再発する可能性があることは問題である。長期間治療を中断することは現実には難しく、臨床においては予後を確認しないまま補綴に進むことが多い。

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする