お痛みについて

歯髄炎の痛み(歯の神経の痛み)

いわゆる虫歯の痛み。可逆性歯髄炎と不可逆性歯髄炎がある。不可逆性歯髄炎の場合は抜髄の適応になる。可逆性歯髄炎の場合、正常に戻ることもある

  • 自発痛

疲労、不眠などの体調の変化、就寝による体位の変化などで痛みの強さが変化する。時に痛い歯を識別できなくなる。

  • 誘発痛

1. 冷たいもので痛む、暖かいもので痛む

2.咬むと痛い、叩くと痛い

根尖性歯周炎の痛み

根尖部歯周組織の炎症。大半は根管を経由した細菌刺激や、物理刺激が根尖孔を経て根尖周囲組織に波及して起こる。慢性化しているものが多いが、時に急性化する。

  • 急性奨液性根尖性歯周炎

物理的刺激、化学的刺激により一過性に起こる(非細菌性)

歯が浮く感じ、咬むと響く。治療で触った後の痛み、抜髄後の痛み

  • 急性化膿性根尖性歯周炎

1. 歯根膜期→骨内期→骨膜下期→粘膜下期→排膿と経過をたどる

2.鈍痛→拍動性、持続性の痛み、リンパ節の腫脹、根尖部の腫れ、強い打診痛み、歯の動揺、顔面の腫脹

根管治療後の痛み

根管治療後(抜髄、感染根管治療)後に治療の刺激(化学的刺激、物理的刺激、細菌性の刺激)により起こる。頻繁に受ける質問に、「歯の神経を取ったのにどうして痛いのですか」と聞かれることがあるが、歯の神経を取って緩和されるのは歯髄炎の痛みであり、歯根周囲の炎症、つまり根尖性歯周炎は、根管治療後の術後疼痛の原因となる。
1.急性奨液性根尖性歯周炎
2.急性化膿性根尖性歯周炎

関連するご相談

根管治療専門医相談室に寄せられた相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする