根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

306. 違和感が引かないのでなぜだろうと触っていると多少のぐらつきがあることに気付きました。

【Question 306】

初めまして。
先月半ばに左下五番の根幹治療が終わりました。
昨年10月に大きな虫歯の治療をし、一部露髄したようなのですが水酸化カルシウムで様子見になり、しばらくは何事もなく過ごしていたのですが1ヶ月半後に自発痛が出たため抜髄になりました。
抜髄後は激しい痛みがあり5日ほど鎮痛剤がなければ耐えられないほどの激痛でしたが、1週間ほどで痛みは落ち着き、多少の違和感があったので半月ほど洗浄を繰返し根管充填しましたが、充填後の少しの痛みが引いてからも違和感が残り1ヶ月たちます。
根管もきれいとのことでレントゲンでは異常なしだったので違和感が続いたり痛くなると再度来てくださいとのことでしたが、ひどくなるわけではなく舌で押した際に違和感を感じる程度で気にしないようにしていたのですが、。
痛いわけではない違和感が引かないのでなぜだろうと触っていると多少のぐらつきがあることに気付きました。ずっと感じていた舌で押した際の違和感は少しのぐらつきだったのだと思います。
少し変色もあります。

これは再度治療した方がよいのでしょうか?
根管治療がうまくいっていなかったのでしょうか?
転院を視野に入れた方がいいのか悩んでいます。

ご回答よろしくお願いいたします。

 

 

 【Answer 306】

根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

歯のぐらつきは生理的にもありますが、病的だとすると幾つか可能性があります。
・歯周病
・根尖性歯周炎
・咬合性外傷
などが考えられます。

神経を抜いた歯は変色します。
血液の成分をよく消毒しないと、変色が大きくなります。

歯のぐらつきの原因を、よく調べてもらってください。

 

1 / 11