根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

【Question 347】

> 先月に根管治療をしましたが、一月後にフィステルができ再発して今大変不安でいます。
> 現在は仮歯です
> 前医にやるべきことはやった言われたのですが、ラバーダムは使わず、マイクロスコープもユニットが空いているときに使用しました。
> 納得のいく再治療を受けたいと強く思っています。
>
> 通院回数はどのくらいでしょうか。
> また、先生のところで使用されてる根管の洗浄薬と根管の無菌であることの確認はどのような方法で行うのでしょうか
> 過去の回答には細菌の培養検査のことが書いてありましたが、知人で根管の中をカリエスチェック薬で菌が確認できなくなるまで根管治療したことをききましたがこのような方法もあるのでしょうか。
> 先生のお考えを伺えたらと思います。
> よろしくお願い申し上げます。

【Answer 347】

根管治療.com の新藤健太郎です。

根管治療の究極的な目標は無菌化なのですが、実は感染根管は厳密に言えば、どんな治療をしても無菌になることはありません。
従って、根管治療の実際は、歯が有害にならない程度に細菌の数を減らすことになります。

細菌の培養検査は、東京医科歯科大学の専門外来でも行いません。また、当院でも行っておりません。

その理由は、嫌気培養システムの臨床的評価は定まっておらず、時間がかかること、
結果として細菌が居ても居なくて治療法や治療手順は変わらない事が最大の理由です。 洗浄液は次亜塩素酸水溶液を使用します。多くの歯科医院で採用されている一般的な物です。

根管の中をカリエスチェック薬で染めるやり方は根管治療においては一般的ではありません。カリエスチェックで無菌化の判断はできません。
カリエスチェックはその名の通り、虫歯治療の検査薬です。しかし、根管内(正確には根管の上部付近)に虫歯が進行している場合は、カリエスチェックを使用することも考慮します。

根管治療は多くても3回程度で終わります。結果治らなければ外科治療に進みます。

 

306. 違和感が引かないのでなぜだろうと触っていると多少のぐらつきがあることに気付きました。

【Question 306】

初めまして。
先月半ばに左下五番の根幹治療が終わりました。
昨年10月に大きな虫歯の治療をし、一部露髄したようなのですが水酸化カルシウムで様子見になり、しばらくは何事もなく過ごしていたのですが1ヶ月半後に自発痛が出たため抜髄になりました。
抜髄後は激しい痛みがあり5日ほど鎮痛剤がなければ耐えられないほどの激痛でしたが、1週間ほどで痛みは落ち着き、多少の違和感があったので半月ほど洗浄を繰返し根管充填しましたが、充填後の少しの痛みが引いてからも違和感が残り1ヶ月たちます。
根管もきれいとのことでレントゲンでは異常なしだったので違和感が続いたり痛くなると再度来てくださいとのことでしたが、ひどくなるわけではなく舌で押した際に違和感を感じる程度で気にしないようにしていたのですが、。
痛いわけではない違和感が引かないのでなぜだろうと触っていると多少のぐらつきがあることに気付きました。ずっと感じていた舌で押した際の違和感は少しのぐらつきだったのだと思います。
少し変色もあります。

これは再度治療した方がよいのでしょうか?
根管治療がうまくいっていなかったのでしょうか?
転院を視野に入れた方がいいのか悩んでいます。

ご回答よろしくお願いいたします。

 

 

 【Answer 306】

根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

歯のぐらつきは生理的にもありますが、病的だとすると幾つか可能性があります。
・歯周病
・根尖性歯周炎
・咬合性外傷
などが考えられます。

神経を抜いた歯は変色します。
血液の成分をよく消毒しないと、変色が大きくなります。

歯のぐらつきの原因を、よく調べてもらってください。

 

305. 再根管治療は長引くのでしょうか?

【Question 305】

上前歯の再根管治療を始めて、1年以上になります。元々はひどい症状はなかったのですが、歯医者でひどい目にあい症状が悪化して、何カ所か転院しました。1か所目もひどくて、何の説明もなく土台を取り除いた後に、必要ないとこまで大きく中を削られました。次の医院で大きな虫歯が中にあったのですかと聞かれる程です。2カ所目の歯医者が最低で顕微鏡を使い、根の先に穴を開けられました。治療後すぐに腫れと痛みがでて、まさかこんなひどい目合うと思ってなかったのですが、あまりに腫れと痛みがひどかったので、歯科大で診てもらうと、膿が出ていて出血もあると言われました。根の先が崩され穴があいてると言われショックを受けました。今は開業医に通ってます。

①根尖の過剰拡大で治りにくくなりますか?根尖孔がかなり大きいので心配してます。
痛みや腫れがいどい時は薬液の洗浄だけしてもらい、中の薬を交換してもらいたいのですが、そういう事をお願いしてもいいのでしょうか?薬液の洗浄だけでは中の細菌は除去できないですか?
②根尖孔がかなり大きくても適切な治療をする為にはリーマやファイル等で根の先をしっかり掃除する必要がありますか?
③上の歯は下の歯より治療は比較的難しくないと聞きました。本当に適切な治療であれば根尖孔が大きくても何回ぐらいで治りますか?
薬液の洗浄とリーマやファイル等の器具の掃除はやはり毎回必須でしょうか?
④多少レントゲンで根の先に黒い影があったり、多少の痛み、違和感、腫れがあっても治療が長引くより根管充填した方がいいのでしょうか?それともレントゲンで黒い影がかなりなくなってるのを確認してから根管充填した方がいいのでしょうか?
長くなってしまいましたが、どうか回答をよろしくお願いします!なるべく早めに回答を頂けると助かります。

 

 【Answer 305】

根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。
> ①根尖の過剰拡大で治りにくくなりますか?根尖孔がかなり大きいので心配してます。
一般に根尖の過剰拡大は治すのに不利な状態です。

> 痛みや腫れがいどい時は薬液の洗浄だけしてもらい、中の薬を交換してもらいたいのですが、そういう事をお願いしてもいいのでしょうか?薬液の洗浄だけでは中の細菌は除去できないですか?

消毒とか、貼薬といいます。希望すればやってくれるでしょう。根管治療は一般には削り取る作業と薬液による洗浄の両者を行う必要があります。

> ②根尖孔がかなり大きくても適切な治療をする為にはリーマやファイル等で根の先をしっかり掃除する必要がありますか?

十分な拡大がされていれば、むしろこれ以上ファイルで根尖を触らないほうがいいでしょう。

> ③上の歯は下の歯より治療は比較的難しくないと聞きました。本当に適切な治療であれば根尖孔が大きくても何回ぐらいで治りますか?
> 薬液の洗浄とリーマやファイル等の器具の掃除はやはり毎回必須でしょうか?

治療が必要な回数は1回から2回です。結果として治るかどうかはわかりません。治らない場合はオペです。

様子をみる過程では薬液の洗浄が中心となります。

> ④多少レントゲンで根の先に黒い影があったり、多少の痛み、違和感、腫れがあっても治療が長引くより根管充填した方がいいのでしょうか?それともレントゲンで黒い影がかなりなくなってるのを確認してから根管充填した方がいいのでしょうか?

レントゲンの影があるかないかに関わらず、早めに根管充填する事が推奨されます。

以上です。

1 / 11