根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

245.なにもつけず帰らされました。

【Question 245】

根治療再治療中です。歯がほとんどのこってないため土台がないとかぶせができないと、なにもつけず帰らされました。膿もでやすくなるかもといわれました。まだ根治療中です。感染がひろがらないか心配です

 

【Answer 245】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

根管治療中は仮封(かふう)材というセメントで蓋をするのですが、
蓋がなければ感染が広がる恐れがあるので、蓋をしてもらいましょう。

仮の歯に関しては、歯の残りの量が少ない場合には作れない場合もありますので、
根管治療が終わった後に、土台を入れた後に仮歯を作ります。

 

 

 

 

1 / 11