根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

289.穴を開けるというのは冒険ではないですか?

【Question 289】

以前もヤグレーザーで折れた針を取れるかご相談させていただき、現在根尖治療を他の自由診療でしていただいたのですが、針は取れたのですが、根尖治療のことでご相談させていただきたいのです。他のどのサイトを見ても、根管内を洗浄消毒して数ヶ月で黒い影が消え、骨が出来てくるとあるのですが、私の先生は、根管内を洗浄、消毒してからだと思うのですが、根管先端部に穴を開けて、5~10分で膿が出てくるからといい、実際にすぐ出てきたよと言っておられましたが、穴を開けてまで膿を急いで出さなくても数ヶ月で自然となくなると他の医院でも言っていたのですが、これは新しいやり方なのでしょうか。穴を開けるというのは冒険ではないですか?聞いたことが無いの無いやりかたなので、すぐ閉じてもらったのか聞いたほうがいいでしょうか。次まで6日間開くので、穴が空いたままなら細菌が根管内で貯まっていないか心配です。
それと、はっきりとは覚えていないのですが、そうした場合、1~2日で消毒するのが望ましいと書いてあったので、19日にその治療をして、祭日があるので次は25日に予約を取ってありますが、膿が出た後すぐに穴を塞いでから消毒をして下さっていれば安心なのですが聞き忘れ、休日のため聞けません。休み明けにすぐにTELで聞くべきでしょうか。(それでも6日目ですが・・・。)そういう最新式の治療法でしょうか。宜しくお願いいたします。

【Answer 289】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

穴を開けたとこのことですが、穴が根管の出口であれば問題ありませんが(穿通といいます)、
根管と関係ないところに穴が開いている場合は、穿孔と言う状態となります。

ただ単に膿みを出すために穿孔させるのは抜歯を前提にする場合です。

1~2日で消毒するのが望ましい、というお話ですが、根管の開放(蓋がない状態)の場合早めに消毒をする事が推奨されています。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 11