根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

325.差し歯(前歯)の痛み、鼻の下の強烈な痛み

【Question 325】

ご教授を宜しくお願い致します。
>
> 20年ほど使用の前歯の差し歯が数年前に折れたのですが、幸いもう1回出来るとの事で3年前にやり直しました。2か月ほどまえから痛み出しグラグラもあったので受診しレントゲンを撮ったところ、割れてはいないとの事でしたので経過を見ていました。今週になってグラグラが大きくなり鼻の下の痛みも相当になったため再度受診したところ、差し歯を外して肉眼でみたら若干割れているがまだ行けるとの事でセメントで埋め戻しました。差し歯を外した時に腐敗臭がしていました。
>
> 埋め戻した翌日の朝(昨日の事です)、顔を洗う時に鼻の下に強烈な痛みがありその部分を洗うことが出来なかったため再度受診。レーザーを歯茎部分に照射し、抗生物質とエンピナーズの処方で様子を見るように言われました。照射時は魚の焼くにおいがしました。
>
> 昨夜帰宅後、歯茎を見ると血まみれで、今日の朝はドロッとした火傷あとのようになっています。素人考えですが、医師は歯周病の治療をしているような気がします。私としましては歯周病ではなく、差し歯の奥の根に病巣がありそこが感染し化膿している感じがするのですが。差し歯の、しかも2度目の差し歯の根管治療としてはこのレーザー治療で外から照射もあり得るのでしょうか。
>
> 長文で申し訳ありません。ご教授を宜しくお願い致します。

 

【Answer 325】

根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。
まず、歯根破折があるとすると、治療法としては破折部を接着する治療となります。
http://endo-outpatient.arrow.jp/frac/

あるいは、歯根の破折ではなく、歯冠部に近い部分の破折の場合は、補綴処置で済むかもしれません。


レーザーを当てる治療法は根本的な解決になりません。照射部位が適切であれば、一時的な殺菌効果は期待できますが、根管内の細菌を外部からレーザーで行うことはできません。

以上です

 

62.神経を取って一週間ですが、鼻の下のあたりを押すと歯ぐきの痛みがまだあります。

【Question 062】

以前に、「神経が見つからないことがあるのでしょうか?」と質問をさせて頂いた者ですが、その後神経は見つかり取りました(右の前歯)現在も治療中です。歯の痛みはとれたのですが鼻の下のあたりを押すと歯ぐきの痛みがまだあります。神経を取って一週間ですがこのような症状は問題ないのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

【Answer 062】

根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

歯の歯根の先端、根尖部周囲の骨、歯肉に炎症が起こっていると思われます。
治療を繰り返すと、悪化することもあるため、このまま経過観察しましょう。

レジン充填で済みそうな歯なら、3ヶ月から半年位は様子をみてもいいでしょう。
差し歯にする予定なら、土台を入れる前に、再根管治療するかどうか判断したほうがいいでしょう。
根管治療に伴うお痛みについて

1 / 11