Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/knico2/www/endo/soudan/wp-includes/post-template.php on line 284

根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

155.この症状は、パーフォレーションの可能性があるでしょうか?

【Question 155】

以前にも一度お世話になりました。またよろしくお願いします。
67歳、男性です。現在、昨年の心臓手術後、以前に治療し金冠がかぶせてあった歯の殆どが根に膿をもち、あちこち悪くなり、再根管治療を順次受けていますが、すでに3本抜歯しました。左下5番を2週間前から再根管治療に入りました。1回目に金冠をはずし、穴を開け消毒し薬(カルシペック?)を詰めてふたをしました。夕方になって違和感があり見てみると、歯の接している歯茎に白い小さなフィステルのようなものができていました。すぐに電話をして、たまたま予約のキャンセルがあるからとのことで受診しました。膿が結構多かったからそれがはみ出したのかも知れないし、詰め物かもしれないが、傷みもあまり無いようなので、このまま様子をみるとのことで帰されました。2日後にはその小さな膨らみは消えました。更!
1週間後に2回目の治療を受けました。薬をつめ根充し、レントゲンで確認し、「微妙だな」と先生はつぶやいておられましたが、次回もう少し薬を詰めて台つくりをしますとのことでした。夜、歯茎をみると、歯からかなり下に、5mmmくらいの真っ赤な円状で少し膨らんだものができていました。痛みはありませんでした。気がついたのが遅かったので、電話で聞けずに痛みも無かったので、翌日まで待とうと思って寝ました。翌日朝にはかなり小さくなっていましたので、様子を見ることにし、昼には完全になくなっていました。
この症状は、パーフォレーションの可能性があるでしょうか?心臓手術後体力が回復せず、現在あまり噛むところがなく、殆ど流動食しか食べられずかなりやせました。パーフォレーションだとしたら抜歯でしょうか?3本の抜歯の際かなり体力的にきつかったので心配しています。
よろしくお願いします。

【Answer 155】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

左下5番の歯付近に何らかの炎症が起こっていますね。
おそらく根尖性歯周炎ではないかと思われますが、パーフォレーションの可能性もあります。パーフォレーションの場合、必ず抜歯になるわけではないですが、早期の修復が必要になります。
昼には完全になくなっていました。とのことで、治療後の一時的な炎症かもしれません。 または、今後繰り返す炎症かもしれません。

炎症の原因ははっきりわかりません。どこかでセカンドオピニオンの診察を受けたらどうでしょう?

No Comments :(