根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

【Question 337】

> 神経を抜く治療中ですが、痛みが酷いのですがこれは大丈夫?
>
>
> 虫歯があり、近所の歯医者を受診(こちらの歯医者は初めて治療を受けます)。神経を抜かなければいけないとして治療を受けましたが、処置が雑で、医師の説明もろくにしてくれない(治療方針なし)、治療前にはなかったのに治療後歯を叩くと痛みがでる‥で諸々不満があり、他の歯医者に変更して治療の続きをお願いしました。
>
>
> 昨日受診し、その際の治療は詰めてある薬を外し、再度薬を詰め替えるという事でした。処置は丁寧で説明もしっかりあり満足でしたが‥
> 麻酔が切れたら痛みが酷いんです。前回は指で叩いた時だけ痛みがでるといった感じでしたが、今は何をしなくても患歯だけでなく周りの歯や歯茎までズキズキと痛みがあり、軽く叩いたら激痛‥ 市販のロキソニン服用しても
> 余り痛みがとれない。
>
> 医師が以前の薬を外した時、臭いがすると言っていましたが化膿していると言う事だったのでしょうか?
>
> 麻酔が切れたら痛みがでるかも‥と言われていましたが、こんなに痛みが強いものでしょうか?
>
>
> 次回は1週間後なのですがこのまま痛みを我慢して様子みても大丈夫なのでしょうか?
>
>
> ご意見お聞かせ下さい。
>

【Answer 337】

根管治療.com の新藤健太郎です。

臭いが薬剤ではなく、腐敗臭だとすれば、細菌感染が歯の中で進んでいたのでしょう。

歯科医が言った事から、薬剤の臭いではないと思われます。

根管治療の後の痛みは、暫く続くこともあります。特に抜髄治療のあとは打診痛が出やすいです。
今は治療を継続する他ないでしょう。治療の間隔を少し長めに取った方が良いかもしれません。(頻繁な治療は痛みを増幅させるので)

http://konkanchiryou.com/%E3%81%8A%E7%97%9B%E3%81%BF%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.html

 

91.治療中の先生のつぶやきを聞くかぎり、思うように治っていないこと、その原因が分からないことが感じ取られました。

【Question91】

左上前歯1番の再根幹治療中です。
1度目の根幹治療をした歯科とは、別の歯科に行っています。
治療期間は6ヶ月です。

病院に行き、10年ほど前に1度別の歯科で根幹治療を受けている事を伝え、診察がはじまりました。
患部の歯をあけ、膿みをだし、ジェーオープンで数日経ってから、薬を詰めました。
数日すると、歯茎が腫れ上がってきたので、病院へ行くと、再度ジェーオープンからの治療でした。
そのあとは、週に一度、リーマーでの治療後、消毒する薬を詰めて様子をみるという治療の繰り返しです。
週に1度の通院から始まりましたが、根の状態があまりよくならないようで、2週間おかれることもありました。

歯茎は時に少し腫れたり、痛みを伴うこともありましたが、良くも悪くも大きな変化は見受けられませんでした。

段々通院回数が増えるにつれ、直接は言われないのですが、治療中の先生のつぶやきを聞くかぎり、思うように治っていないこと、その原因が分からないことが感じ取られました。

前々回の治療で、症状を落ち着かせる為、次は1か月後に来てくださいと言われました。

そして前回、病院にいって見ると、何の説明もなく担当の先生がかわり、治療が始まりました。

すると、その日に最終的な薬を詰める治療まで進みました。
私はほんとうに良くなっていたのだろうか?と疑問をもちながも、治療が先に進んだ事を喜びました。

しかし、その日の夜から歯茎はぷっくりと腫れ、ずきずきした痛みも伴いました。
2日経っても症状は変わらずだったので、3日目に病院へ行きました。

正直、また同じ治療の繰り返しは嫌だったので、先生に薬で落ち着かせる事は出来ないか尋ねると、即答で開けるといわれ、再びリーマーでの治療になり、また消毒する薬を詰められました。

先生は、今までとったレントゲンを見ながら、レントゲンでみるかぎりはそんなにひどくないのに、何故だろうかとつぶやいていました。

また同じ治療の繰り返しだと思い家にかえると、一度少し引いたように感じた歯茎が晴れ上がり、痛みも振り返しました。

歯茎の腫れは、今までで1番ひどく感じられます。
左鼻だけ、少し鼻水がでたり、つまった感じがするのも気になりました。

次の日になっても症状は変わらずだったので、病院へ連絡すると、出来るだけ早く来てほしいとのことでした。

このまま、この歯科で治療を続けていいのか、他の先生を探した方がいいのか、どうしたらいいのか分からなくなっています。

【Answer 091】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。
お話から察するに、かなり治りの悪い歯かもしれませんね。

前歯ということで、テクニカルエラーは少ないと思われます。除去しきれない細菌が多くいるのかもしれません。

それから根管治療は治療回数に比例して治るものではありません。
治るときは1,2回の治療で治ることが多いのです。

従って、歯根端切除術を検討すべきかもしれません。顕微鏡を使って、手術してくれる病院が望ましいと思います。

お話を聞く限りでは、今通っている歯科医院の先生は根管治療の正しい知識と経験が少ないようです。他の病院を検討すべきかもしれません。


外科的歯内療法(根管治療.com)

64.どうしたら、治療中、綿を入れられていても耐えられるでしょうか?

【Question 64】

夏ごろから、右奥から2番目の根管治療をしています。
私の場合、ラバーダムが使用不可ということです。
現在はバキュームと、舌下に綿を入れて唾液を取りながら治療しているんですが、舌下に入れた綿の存在が、どうしても異物感があって気持ち悪くなり、吐き気や不快感を感じてしまいます。
担当の先生は「綿栓は、患部に唾液が入らないようにするためには、はずせないから」と言われるんですが、気を紛らわせようにも、どうしても恐怖とか、気持ち悪い!ということを治療中ずっと考えてしまいます。
どうしたら、治療中、綿を入れられていても耐えられるでしょうか?

【Answer 064】

根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

少し、おう吐反射があるかもしれませんね。
舌下に綿を入れる方法は簡易防湿といいます。もちろんラバーダムをしたほうが治療は清潔に行えます。防湿効果も高いです。
ラバーダムをしにくい歯は、歯茎より歯が出ていないので、ラバーダムが装着できないという意味で、先生がラバーダムが使用不可とおっしゃっているのだと思いますが、隔壁(かくへき)を歯に作ることにより(簡単に言えば壁です)、ラバーダムが可能になります。
どうしたら、治療中、綿を入れられていても耐えられるでしょうか?というご質問ですが、おう吐反射や恐怖心が強い人は静脈内鎮静法という麻酔をしながらの治療を行う場合もあります。もちろん、ラバーダムで解決するなら、その方が理想的です。

63.治療中の歯で噛んでしまい、歯茎が腫れて痛いです。

【Question 063】

前歯の根管治療をしているのですが、借りの歯が大きくてたべものを間違えて治療中の歯で噛んでしまい、歯茎が腫れて白い大きな縁を描くようになりました。痛いし熱があるような耐えられないです。腫れている所は根の先というより歯と歯茎の境目から根元の半分くらいが腫れています。多分噛んだ圧力でヒビが入ったのだと思いますが、もう抜歯しないといけないのか不安です。通っている歯科が普通の街医者でヒビが入っているか先端技術で確認する機械もないのでちゃんと処置して頂けるのか不安でしょうがないです。どうしたらいいのでしょうか?

【Answer 063】

根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

状況から察しますと、ご心配なさっているように、歯がヒビが入ってしまったか、欠けてしまったのだと想像します。
仮歯の差し歯で、歯根が欠けてしまう状況はしばしば遭遇します。

抜歯の可能性を想定しなくてはいけないです。
状況により、歯根に矯正力をかけて、引っ張り出して(矯正的挺出といいます)、差し歯にできる可能性もあります。

先端技術で確認する必要は特になさそうです。仮歯を外せば目で確認できると思いますよ。

以上です。

1 / 11