根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

163.8日間を経過した今も違和感が去りません。

【Question 163】

はじめまして。よろしくお願いします。

10年以上前に抜髄した上の左右1番ですが、現在感染根管治療中です。ラバーダムやマイクロスコープ、CTスキャンを駆使したクリニックで治療を行っています。MTAセメントで充填を行い、先週やっとファイバーコアを建て終わりました。

しかし、8日間を経過した今も違和感が去りません。前歯の重い感覚、痛痒さがあり、息を吸い込んだ時も違和感を覚えます。かなり気になります。係りつけの先生が仰るには、

・根管内は充分に綺麗にした。
・破折はないと断言できる。
・膿胞、フィステルなどはない。
・これで痛いのなら、理由がわからない。

ということです。素人である私の見立てでは、根尖性歯周炎の症状と似ているかなと思っているのですが……。
歯根端切除術などの治療法もあるということですが、私の質問は、

1.(先生に実際に見ていただいたわけではないので非常に難しい質問ですが)どのような原因が考えられるでしょうか。

2.自然治癒の可能性に賭けるか、歯根端切除術などのさらなる治療を行うか、判断のポイントがあれば教えてください。

以上です。お忙しいところ申し訳ありません。よろしくお願いします。

【Answer 163】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

> ・根管内は充分に綺麗にした。→あくまで見た目の話で細菌レベルではありません。
>
> ・破折はないと断言できる。→根尖の破折は見てもわかりませんし、CTでもわかりません。
> ・膿胞、フィステルなどはない。
> ・これで痛いのなら、理由がわからない。

原因は不明ですが、何らかの炎症が持続している可能性があります。基本的には
細菌性の炎症です。

8日間で判断するのは早計です。
半年程度様子を見て、改善されなければ外科的歯内療法を考慮しなければならない
かもしれません。痛いか痛くないかは本人のみぞ分かることです。客観的な
炎症の徴候がなければ最終的には痛みが判断材料となります。

1 / 11