根管治療専門医相談室

根管治療専門医、新藤健太郎がお答えします。

312.サージテル使用との事で安心して日本で保険治療したのが間違いでした。

【Question 312】

> 初めまして。
> なるべく神経を取らない治療法を探していて、こちらのサイトにたどり着きました。
>
> 3mixやMTAなどの最新治療方法の紹介をありがとうございます。
>
> 2年前に日本で行った根幹治療後の右上7番が3週間程前から痛みだしたので、現在長期滞在中のドイツの歯医者に行った所、3本中2本の神経の取り残しがあり、それが原因で冷水痛、温熱痛共に発生したとの診断を受けました。
> 根幹の再治療はこちらでもやはり難しく、最初の2件の歯医者では処置できず、(抜歯か切開を勧められました。)3件目はかなり高額な見積もりだったため、3週間経った今も、歯医者難民しています。
> そこで、以下のどこの歯医者さんへ行くのが一番完治の可能性がありそうか、を個人的な見解で結構ですので、アドバイスいただけないでしょうか。
> 1.患者一人に時間をかけ、評判もいいが、マイクロスコープがなく、めがねタイプのサージテルを使用。他に、超音波のようなマシンがピピっと鳴って、確認できるそうです。
> 2回の治療を、完治するまで時間をかけて対応してくれる。治療費は保険で賄える範囲。
>
> 2.評判も良く、インフォームドコンセプトもしっかりしていて、最新機器を使用するが高額。治療費は生活を脅かす程度。もしくはマイクロスコープを使用せずその半額。(ドイツ)
> ここでできればいいのですが、何しろ高額です。
>
> 3.マイクロスコープはなく、90分の治療と、その後1時間の治療を2,3回。3,4ヶ月に渡って観察して、炎症が治まったかまで見る治療方法。
> ここでも超音波?のマシンで調べるそうです。保険で賄える程度の金額。(ドイツ)
>
> 4.まだ主治医に会っていないけれど、メールでの質疑応答がとても丁寧で早い、ポーランドの審美歯科。2,3時間の治療とその後2〜4週間後に1時間の治療。マイクロスコープとレーザーを使用して、治療費はドイツのマイクロスコープなしの治療程。クラウンも半額。
>
> 5.それとも、もう一件ドイツで、マイクロスコープを使用する歯医者に初診で行ってみる。
>
> 以上のオプションで悩んでいます。
> 本当は一回目の根幹治療の際にこれだけリサーチできれば良かったんですが、新生児がいたもので、ラバーダム、サージテル使用との事で安心して日本で保険治療したのが間違いでした。
> 今度こそ失敗は許されないと思うと、慎重かつ神経質なってしまいます。
>
> また、隣の6番も大きなカリエスがある可能性もありますが、次回は根幹治療以外の方法で治療したいと思っています。AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)という方法がある、と聞いた事があるのですがどんなものでしょうか。また海外で先生のように、3mixやMTAを用いた治療をしてくれる所を探しているのですが、3mixという名前ではヒットしません。間接覆髄法やMTAをドイツで調べるのが至難の業です。。。
> もしもご存知でしたらアドバイスお願いいたします。
【Answer 312】

根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

ドイツでどの病院に行くか迷っているようですが、それは費用、担当医との相性を考慮して決める他ないでしょう。
ただ、未処置の根管がある事が既に分かっているので、根管治療を行うという基本的方針はどこでも同じでしょう。

3MIXによる治療法は日本では行われていますが、海外では行われていないと認識しています。
そのため、3MIXによる治療法はグルーバルスタンダードとは言えません。

MTAはドイツでも使っているのではないでしょうか?調べたわけではありませんが、世界的に認識されている優れた材料です。

以上です。

 

 

 

 

271.抜歯以外の治療方法は本当に考えられないものでしょうか?

【Question 271】

アメリカ・テネシー州に海外赴任中のものです。

6歳になる息子の虫歯治療で抜歯治療を勧められて困っていまして、ご相談させていただきます。

[息子の歯の症状について]
1週間前くらいから、たまに歯が痛いと言い出しました。
慢性的ではなかったため、いつものようにフッソを使用し磨いていました。
しかし食べ物を噛むと痛いと言い出したので、昨晩見てみたところ、左奥から2番目の歯の詰め物が抜けた所の歯茎に、素人目には口内炎と思われる炎症を発見。痛みを断続的に訴えるようになったため、今日小児歯科を予約の上、行ってきました。また、口内炎=ビタミン不足と思い、昨晩サプリメントを飲ませました。そのせいか、今朝は腫れも引いたのですが、よく口内炎で見るような白い斑点(膜状)のものが外側と内側に出ていました。

[息子の体調について]
ちなみに息子は3日前から体調を崩しており、風邪薬を飲ませていました。昨日は一時体温が38度に上がりましたが今朝は平熱に戻っています。

[小児歯科での診察]
医師に初診してもらったところ、まず炎症の箇所を少し押したところ、白い膿のようなものがでてきました。口内炎だと思うと伝えたところ、医師の答えは「口内炎ではなく、虫歯からくる歯茎の感染による腫れものだ」との答えでした。レントゲンを見ながら、歯間の薄く影のように見える箇所を指しながら、
‐ 詰め物でカバーしきれずに虫歯の菌が入り込み、根管まで達している可能性が高いこと、
‐ 今回は歯茎から膿が出たからまだ良かったものの、ほっておくと歯の内部から顎などにかけて酷く腫れてくる可能性もあり、そうなった場合は病院に2~3日入院しなければならない事態も起こりうること、
‐ このような状況になっていると思われる下の右左両側の奥から二本目の各一本ずつの計2本の虫歯は抜歯の必要があること、
‐ また、抜いた跡は間隔をキープするために、ステンレススティール製のスペーサーを填める必要があること、
‐ その2本以外に、日本で埋めた歯は全て根の治療後銀歯をかぶせる必要があること、
‐ 具体的には、下の左と右の一番奥の歯1本ずつ(計2本)、上の左右両方の奥から2本目(計2本)、上の左側の奥歯の合計5本について、治療後に銀歯を被せる
‐ 以上の治療計画を提案されました

通常、奥歯は11歳くらいで乳歯が抜けると聞きました。
今息子は6歳になるところですがこんなに早くに抜いて大丈夫でしょうか?息子が引き続き成長期ということで、抜歯後にスペーサーを入れる、という措置が発育に及ぼす潜在的リスクはないのでしょうか?

こちらの医師によると、治療方法は中長期的に考えて、抜歯以外にはない、と断言されましたが、抜歯以外の治療方法は本当に考えられないものでしょうか?できれば歯を温存する治療方法を選択したいと思っています。

もう一点、もしアメリカでは根管治療を請合ってくれる歯科医がいなかった場合、最悪は日本に帰国して治療することも検討しないといけないかと思っています。ただし、今回問題の歯は日本に在住の折、幾度か治療を受け詰め物治療をしてもらっている箇所になります。従って、もし帰国しても、同様の治療を受ける限り、再度虫歯の再発、再度根管治療のリスクがあるということになりはしないか、不安です。そこで、万が一日本に帰国した場合、どういった専門性を有する歯科医を、如何にして探すべきでしょうか。

色々と質問を重ねてしまい恐縮ですが、何卒宜しくお願いいたします。

 

【Answer 271】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

右左両側の奥から二本目は、第1乳臼歯だとすると、抜けるのは8歳から10歳くらいの間だと思われます。
従って6歳時点で抜くとなると、補隙装置である、スペーサーが必要である事は同意します。治療に伴う大きなリスクはないでしょう。
問題は、抜くべきか保存すべきかというところです。
アメリカは抜歯の判断が日本より早い傾向にあります。アメリカでは医療訴訟を避けたい傾向が強いです。

日本で専門性を有する医者は、インターネット等で探す他ありません。
小児歯科、あるいは根管治療の専門医が該当しそうです。
あるいは通うなら大学病院でしょう 

 

 

 

233.トルコ、イスタンブール在住です。

はじめまして。
トルコ、イスタンブール在住です。
右上7番(10年位前に根管治療、クラウン処置済)が痛み、部分レントゲンをとったところ、根の先が汚染されているといわれ、その部分が大きいので、抜歯、インプラントをすすめられました。
もし、再根管治療をした場合、残っている歯も少ないので、被せ物をとる段階で、歯が折れる可能性もあり、危険だとのこと。

できるなら自分の歯を残したいと思っていますが、根管治療の成功の可能性が低く、リスクのある治療をするべきか、または覚悟を決めるべきか、悩んでいます。
または、レントゲン持参で他の歯医者でサカンドオピニオンを聞くことも考えています。

45歳でインプラントをしたとして、その寿命などについてもまだ勉強しておらず知識がありません。

どうぞ、アドバイスお願いいたします。

【Answer 233】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

トルコの歯科事情を全くしらないのですが、欧米では日本より抜歯の判断が早いです。

それは訴訟を避けたいのと、治療費が高いことに起因すると言われています。

治療費が無駄になることを覚悟で根管治療を行うか、より確実性の高いインプラントにするか非常に悩むところですね。
右上7番となるとインプラントに伴い、ソケットリフトやサイナスリフトが必要なことも多く、その点も考慮しないといけません。
http://www.konkanchiryou.com/page/03konim.htm

現在、インプラントは15年生存率が90パーセントを超えると言われています。

230.バンコク在住です。

右奥歯の根官治療方針で悩んでいます。

バンコク在住です。日本で4年ほど前に右奥歯神経の治療をしてその後、慢性的な痛みがありました。海外在住であり余り信用できる歯科医がなさそうだったのと酷い痛みが無かった為に治療はしていませんでした。現在の地に異動して環境が整っていると判断して今年の秋から根官治療を始めました。最初に掛かった歯科では計4回治療を行いました。日本帰国時に痛むので以前から御世話になっている日本で歯科医に言った所、入っているはずの薬が根に入っていなかった事が判明して歯科医を替えました。2つ目は総合歯科病院の根官治療を専門としている医師がいる所で治療を開始しました。治療開始当初は出血が有るとの事で随分痛みが酷かったですが、出血も止まり計4回で治療が終了したと言われました。(ラバーダム、マイクロスコープなど使用)。現在根はきれいな状態であるので次回仮詰めを行うと言われました。

最初に根の先端がレントゲンで見ると黒くなっており、炎症を起こしていると言われております。根の先端の深い所なので、完全に除去するもの難しいのかもしれません。現在でも黒い部分は残ったまま(小さくはなっている)痛みが残ったまま(鈍化でずきずきする痛み)で有る事を考えると本当にこれで治療は終わったのかと疑問が残ります。この痛みも何時引くのか分からない状態です。現在腫れている感じも残っています。
セカンドオピニオンも依頼しましたが、現在の治療を継続する。それでも痛みが残るなら外科手術もしくは抜歯(お国柄良く言われます)も選択肢と言われました。

日本には3-4ヶ月に一回の頻度で戻るのでこちらで専門医に掛かるのも検討していますが、現実的にこのサイクルで治療が順調に進むのかも不安が残ります。

アドバイス頂ければと思います。宜しくお願い致します。

【Answer 230】

タイの専門医はおそらく欧米に留学して、高いレベルの研修を受けているのではないでしょうか。
そういったことを前提に考えると、日本で治療を行っても結果は変わらないかもしれません。

根管治療は大臼歯でも2回程度で治療が可能ですので、日本で治療することは可能ですが、
度重なる治療はおすすめしません。

229.recomend consult an endodontist for treatment of 46

よろしくお願いいたします。54歳です。海外にいます。2年前6ヶ月寝込み あごがカクカクといってたのですが、引っ越しなどで 痛みもなくそのままでした。去年タイで環境大きく変わり、非衛生な町にいます。水ももちろんあいませんがすぐに虫歯になりすごくお金もかかりました。その治療の時 最後に歯をいれたときからあごから頭 肩など激痛はしり、あごの専門にみてもらいながら、リハビリなども行い あごも良くなりました。その間 親知らずを抜くようにとか 歯垢などとりいまにきて 先日で終わるとおもいました。そしたら recomend consult an endodontist for treatment of 46とありました。ここでは高額の治療費で不可能ですが、 歯医者さんはその疑いがあるといいました。自然となおったり自分でできる治療気をつけることなどありますか?
ありがとうございます

【Answer 229】

根管治療.com の新藤健太郎です。早速ですが本題に入ります。

根管治療が必要な病気、根尖性歯周炎、あるいは歯髄炎は
歯の中にある感染物質を取り除かない限り完治は望めません。
症状が緩和することはあるかもしれませんが、それは治っているというよりは
一時的に治まっていることがほとんどです。

しかし、現段階では歯内療法専門医に相談することを勧められているだけなので
確定的な状態ではないのかもしれませんね。

215.イメージとしては歯の隅々まで、バイキンが広がる感じです。

歯の神経の治療で相談があります。
現在、カナダのバンクーバー
に住んでいます。

2週間前に風邪をこじらせてしまい、同じ時に歯も痛みだしました。

数日で頭痛がするほどにまでなり、口元の片方全体がヅキヅキ痛く感じるようになりました。

痛みが続いたのは4日くらいだったと思いますが、温かいものを食べると特に痛む状態でした。

(鏡で見ても痛みが一番激しい歯は虫歯や歯茎の腫れ等異常はありませんでした。)

休日に歯科医院へ行った時には既に痛みは治まっていましたが、

診断は奥歯(一番痛みが激しかった歯)の神経が死んでしまっているというものでした。

レントゲンでは黒い影は映らなかったので、該当する歯に冷たいものを当ててしみるかどうかのテストをされ、

ちょうどその歯だけ何も感じなかったので、そういう診断になりました。(追加。レントゲンで該当する歯だけ、神経がぼやけて鮮明に写っていなかった)

1月中旬に日本へ1週間帰国するので、帰国したときに治療するか、現地で治療するか迷っています。

カナダは保険がなく、実費で10万円以上費用がかかります。

現在、痛みや違和感は全くないのですが、1月まで何も治療しないのは危険でしょうか。

帰国時に治療したとして1週間で完結する治療内容なのかも気になります。

歯に穴を開けて死んだ神経を掃除して埋める治療らしいです。

アドバイス頂けたら幸いです。

Answer 215】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

歯髄が死んでいる場合は、歯髄壊死、歯髄壊疽、根尖性歯周炎と経過をたどります。
感染している歯髄を長期に放置すると、治りにくくなることをしばしば経験します。
イメージとしては歯の隅々まで、バイキンが広がる感じです。

1週間でも、良好な治癒があれば、被せるところまで進めるかもしれませんが、
化膿が止まらないケースでは1週間で治療を終えることは難しいです。
もちろん医院の予約状況にもよります。

どちらかと言えばカナダで治療する方をお勧めします。

206.治療に踏み切れません

【Question206】

はじめまして。
現在、アメリカ在住です。最近、はじめてアメリカで定期健診に行った時に、虫歯等はなかったのですが、レントゲンで見ると、炎症の疑いがあるので、根管治療専門の歯科医を紹介され、先日見て頂きました。説明を聞いたところ、どうやら根管治療をしないといけないようです。治療しないといけない箇所は、前歯2本のセラミックのかぶせものをしているところで、かぶせものを外すことは、費用がかかるので、3つの選択肢から、外科的治療をすることにしました。 いろいろ自分で調べたところ、根管治療をした結果、抜歯のリスクもあるとのこと。 現在、叩いても、歯茎の上から抑えても、全く痛みはありません。治療しなければ、将来最悪の場合、歯が抜ける可能性もあると言われたものの、実際、今のところなんともないので、治療に踏み切れません。 治療するべきか、しないべきか、アドバイスを頂けると有り難いです。 よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

【Answer 206】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

私の医院にも海外から帰国された際に治療にいらっしゃる患者様が
いらっしゃいます。
アメリカの傾向としては、「問題のない歯を治療する傾向にある」
と感じます。逆に治療が難しい歯は訴訟のリスクのため治療しません。

私の考えでは現在症状の無い歯を治療する必要はありません。

たとえば、差し歯が取れて、クラウンをやりかえる必要がある、
その際に、不十分な根管治療をやりかえることはありえます。
しかし、クラウンに問題がなく、レントゲン上の炎症の兆候だけで治療するのは
アメリカ流の言い方をすれば、over treatment だと思います。

203.完了までどれくらいかかるか?

【Question203】

こんにちは。海外の歯医者で根管治療が必要と診断されました。保険の関係で日本に一時帰国の際に治療しようと思っていますが、管理までどれくらいの時間が必要なのでしょうか。

【Answer 203】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

完了までどれくらいかかるか?ということでよろしいでしょうか?

根管治療2回
型取り
セット

最低でも4回の通院が必要でしょう。期間にして2週間くらいは必要ではないでしょうか。

医院の予約状況や、担当医の治療の方針にもよるので一概には言えません。

199.根官治療が必要との判断をされました。

【Question 199】

根官治療.com
ご担当者様、

オーストラリアに在住です。
2ヶ月前に治療した上顎の奥歯が10日程前に急遽痛みだし数日後には激痛で睡眠を取る事ができませんでした。その歯はかなり深く掘ったのでもともと冷たいに刺激がありました。あるタイミングで痛みが完全に消失し、冷たい刺激にも反応がなくなりました。現地の歯科医に本日チェックをしてもらったところ根官治療が必要との判断をされました。こちらのサイトで紹介されている理想的な根官治療(ラバーダム、マイクロスコープ、その他)を提供してくれるクリニックで信用できそうなところです。クラウンまでの金額を入れると豪ドルで3000ドル程だろうということです。

根官治療について日本語、英語でかなり情報集めをして治療をするならきちっとするべきだと考えています。

質問なのですが、今日の先生は歯の神経が死んでいるかどうかをレントゲン(銀歯があるので見て確認することは不可能)、温度テストで判断しました。温度に反応しなかったのでもう死んでいるだろうという判断です。

私としては下記のテストが欠けていると思いました。
•神経刺激を装置使って行い反応を見る
•歯の色の変化を見る

また歯の根に黒い固まりの膿の様なものはなかったみたいなので、クリニックの方たち曰く、恐らく神経は死んでいる。いつ感染してしまうかわからない。もしそうなると痛みだけではなく治療の成功確率も下がる。

大切な歯なので必要であるなら治療します。
ただかなり調べた結果、神経治療が必要かどうかの絶対的判断材料がないと聞いて、この治療そのものが必要かどうかわからずに困っております。

助言を頂けますと大変助かります。

【Answer 199】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。

早速ですが本題に入ります。

歯髄が生きているかどうか判定する方法は幾つかあります。
温度、電気などがもっとも一般的です。
究極の方法は麻酔をしないで歯を削る切削診です。

あるタイミングで痛みが完全に消失し、冷たい刺激にも反応しなくなったことから、この時点で歯髄が死んだと想定します。
歯髄が死んでいる場合は現地の歯科医が言うように早めに処置しないと、治りにくい感染根管となります。

私は早めに治療に踏み切るほうが良かろうと判断します。

大臼歯などの場合は一部の根管の歯髄が生きていて、他の根管の歯髄が死んでいることもあります。
その場合も根管治療が必要です。こういった場合、温度、電気に反応しても治療が必要なので注意が必要です。

184.日米の根幹治療のレベル差について

【Question 184】

○日米の根幹治療のレベル差について

突然のメール失礼します。当方アメリカから帰国したばかりのものです。根幹治療を受ける必要があるのですが、いろいろ聞いたり調べたりしていると、日本の根幹治療は保険の制約もありなかなか十分なものでないという事が分かってきました。
そこで、教えていただきたいのですが、たとえば歯科大学病院などでもやはりレベル的に厳しいのでしょうか。近所のかかりつけ医から大学の講座なかでうまい先生をご紹介いただけるといわれているのですが、それでもやはり、日本の根幹治療は米国よりは遅れているのでしょうか。その場合健先生のような米国流を学ばれた開業医の先生の方がよいのでしょうか。

いきなりすいません。何卒よろしくお願いします

【Answer 184】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。

大学の専門の科の先生なら、米国の専門医の先生と技術的にほとんど差はないと思います。

日本の歯内療法を専門とする開業医も同様です。しかし、個々の先生のレベルはまちまちなので、一般的なお話しかできません。

注意が必要なのは、大学病院は出た手の若い先生が大半です。そして誰が担当医になるかは「くじ運」となります。

日本の根幹治療に問題があるのは、保険診療に問題がある事と専門医制度が充実していないからです。

手先は日本人のが米国人より器用に思いますね。

129.シンガポールの根管治療のレベル

【Question 129】

現在、シンガポールで勤務をしているのですが、
ミントを噛んだら歯がかけてしまいまして、
シンガポールで歯を見てもらった所、根管治療をやった歯のクラウンがかけたので、やりなおさなければならない。スペシャリストが必要と言われまいました。

日本で根管治療をした時は、他の歯の治療と一緒にやったのと、記憶にないので、おおがかりの治療ではない印象でした。

そこで、シンガポールで治すか、日本で治すか、どちらのほうがいいのか悩んでおります。
安全で、なるべく短い期間で終わる選択肢を選びたいので、アドバイスを頂けないでしょうか。

■教えて頂きたい事
シンがポールの根管治療のレベル
日本で治療するとなると、全ての治療に何回通う必要があり、最短何日くらいかかるのか

■ 場所
左下の5番?の歯

■経緯
以前、虫歯で神経をとり(いつ治療したか覚えておりません・・・)、
薬をつめて、クラウンをかぶせてもらった。

4日前ほど、ハードミントを噛んだら、クラウンが半分割れて半分残っている状態に。
痛みはずっとありません。

シンガポールの医者(ローカル&大きな病院の医者)にレントゲンを撮り、見てもらった所、
「神経を取って薬が詰まっているものに、クラウンをかぶせた状態のものが、半分かけた。
だから、残り半分のクラウンを取り、薬を抜く。そして薬をつめ直し、クラウンの型を取って、クラウンを外部に作ってもらい、それができたら埋めなければならない。薬を抜くのは、専用のスペシャリストが必要。トータルで4回通う必要があり、6万くらいかかる」
「クラウンを取る時に、薬が抜けるかもしれないし、リスクが高いから、薬を詰め直すべき」「ルートカネル」

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答いただければ幸いです

【Answer 129】

こんにちは、根管治療.com の新藤健太郎です。
早速ですが本題に入ります。

> シンガポールの根管治療のレベル
>  日本で治療するとなると、全ての治療に何回通う必要があり、最短何日くらいかかるのか

恐らくシンガポールの歯科医は留学経験などを持つ歯科医ではないでしょうか。
技術、知的レベル、共に日本の平均より高いと思われます。
話は変わりますが、自分の医局時代に、先輩医局員(東京医科歯科大学の歯内療法科)がシンガポールに派遣されて
歯科医をしています。まだやっているかもしれません。

今の状況で、歯が欠けているとの事で、シンガポールで治療してもらうのがいいと思います。

日本で治療を行うと、込んでる医院だと、週1回の治療×4回位で1ヶ月かかるかも知れません。
自費診療の医院は、早く治療が進むと思いますが、費用はシンガポールよりかかるでしょう。

1 / 11